建築・都市デザインスタジオ

​- 水辺の公共建築 -

​間の間の間

柳澤研究室 野口 航

従来の劇場は、外部との関係を切り一つの劇、音楽、スポーツに集中してみるのが一般的だ。しかし、その在り方は予想外のことが起こりえない台本通りに物語が進む。劇とは、決まり切ったものだ。しかし、人生には決まりがない。そこが面白いのではないのか。我々の日常は劇で、都市が劇場だ。劇場も都市的でなければ予想外のことは起こりえない。そこで、私は都市同様に同時多発的に様々な劇や音楽、人との交流が起こり、また、属性の違った人々がまじりあいながら生まれる都市的な劇場を提案したいと思う。