​すまいデザインスタジオ

​- ポスト・コロナ、都市住居の作法 -

​街のアトリエ

酒谷研究室 齋藤 航平

背景として、新型コロナウイルスにより働き方と暮らし方に急激な変化を迎えに来ている。東京に毎日満員電車に乗って通勤していた時代から、テレワークの導入により働く場所に自由度が出てきている。そこで住宅街にある敷地に対して、自宅から徒歩圏内で行ける、個人の働く場や作業場を提供するために街のアトリエを提案する。