地域施設デザインスタジオ

​鄙 - HINABI -

​黒柳 静希

- 3年間お世話になった大好きな町に感謝の気持ちを込め古き良き追浜を残していく-

街は進化し続ける。再開発に伴い高層化するマンションや商業施設、区画化される住宅街が増えていき、街並みは変化していく。安心安全の名のもと、繰り返される再開発により、鄙びた(田舎めく)街並みが失われつつある中、追浜はいい意味で「汚く」「雑多」で「昭和くさい」街であり、そこが最大の魅力とも言える。しかし、追浜においても駅前市街地の再開発事業は企画されており、そこに疑問を持つものは少ないと思われる。変わりゆく街並みは取り戻すことができない一方、再開発は止まることなく勢いを増して街の色を消していく。