​パッシブデザインスタジオ

​つながる - 食と空間を通して、地域と繋がる -

​板橋 芽美

板橋

コミュニティセンターとして、地域住民や学生が自然と交流できる場を生み出すことで、サービスラーニングや地域交流を促進できると考えた。栽培に時間のかかる菜園やラウンジの大空間は、人の存在を意識しやすく、自然と交流が生まれやすいと考えた。

パッシブ技術として、日射熱の削減や屋上の熱負荷の軽減がされる設計した。屋上菜園や自然換気を利用できる建物形状、ルーバーの設置、日射のあたる部位の窓でLow-Eガラスを使用等を採用した。