ハウジングデザインスタジオ

​- 商業施設に建つ集合住宅 -

​重なりのある暮らし

​風間 楓

今回の設計では住む場所と働く場所を分けて考えず閉鎖的になりつつある人々の関係や建築を近づけようと考えた。各ユニットの床のレベルや大きさ、方向をバラバラに自由に配置することで横浜らしさのある賑やかな建築になると共に住む人それぞれの暮らし方ができること、さらに都市全体に向けこの建築を見せることができ、商業的にも活かすかとができる。この距離で生活することにより生まれるお互いのプライベートを見つめ合うことができる空間、さらに人と都市や暮らし方と働き方が関わり重なることができる空間を目指した。