​エリアサーベイ演習

共に成長

荒川 百花

こども園は身体のスケールを意識して設計しました。凸凹の床で目線を変化させ、片流れ屋根で子供がスムーズに行ける領域をつくっています。ランドスケープは建物のデザインと繋がるように意識しました。また、園庭は遊具を作るワークショップを開いて変化できるよう、公園は交流の場とどの年代の人も使えるようにしました