建築設計製図Ⅳ

 ー 《課題2》

​角がないこと

板橋 芽美

各室をシリンダー型にし、凸凹に配置することで建物内外に「路地感」を演出した。毎日行動する同線にシークエンスが生まれ、子供の感性を刺激できると考えた。また、公園部は「防災」に注目し、災害時かまどやベンチになるスツールを公園内に設置し、幅広い世代の人々が交流出来る炊き出し等」のイベントを開けると考えた。