建築設計製図Ⅲ

 ー 《課題1》ふつうの家:自分の家族のすまい

​重なる家族の空間

​田崎 太一

人の生活・行為が干渉しあう生活・行為の重なりと屋外空間と室内空間の空間的な重なり、さらにこの2つの重なりが趣味を通じて繋がる。そうすることでバラバラに過ごすことが『普通』であった家族に、同じ空間で過ごすという変化が生まれる。そしてその変化は、お互いの生活行動が干渉する新しい家族の『ふつう』を構築する。