建築設計製図Ⅲ

 ー 《課題1》ふつうの家:自分の家族のすまい

​重なる小さなスキマ

​佐藤 香絵

ふつうの家と吹き抜けをテーマに、家族・住むということ・街への建ち方について考え、わたしたちの家族の暮らしを包む、生活のスキマを設計した。

住まいのなかで、プライベートとセミプライベートを小さな箱で分け、ずらして配置することでいろいろなスキマを創りだす。スキマを活かして自分たちの暮らしを彩ることで、わたしたち家族にとってのふつうの家へと育っていく。