​卒業設計

​Work Diffuso

齋藤

酒谷研究室 齋藤 航平

ここ最近働き方の自由度が増してきたものの、いまだに苦痛を伴いながら毎日決まった時刻に会社出勤している。さらにコロナウイルスにより人々のワークスタイルは急激の変化を迎え、働き方の改善が必要とされる。

提案として郊外にワークプレイスを設計し、街全体を使って時間や場所を自由に選択して働くことで生産性を高め、新たな暮らしと働き方を提案する。

​総評 酒谷粋将

sakatani_%E5%86%99%E7%9C%9F_edited.jpg

近年各所で耳にする「働き方改革」や、昨今のコロナウィルスの感染拡大の影響で、人々の働き方、ひいては暮らしの在り方は大きく転換している。そのような状況に対して、斎藤君の作品は人が働く場所として、オフィスという建築のプログラムを提案するのではなく、街全体が働く場所になるような都市スケールのワークプレイスを神奈川県逗子市において提案したものである。最近ではワークプレイスを語る上でABW(Activity Based Working)と呼ばれる、働き方に応じて空間を自由に選択するワーカーのスタイルが広まりつつあるが、この提案はこのABW を逗子の街全体に展開したものとしても捉えられる。海岸も近い良好な環境におけるワークプレイスはワーカーらの創造性とより高い暮らしの質を提供してくれるだろう。